プラム

更新日:2023年03月31日

プラム

おいしい目印はここ!

  1. 全体的に色づきが濃い
  2. 傷がなく張りと弾力がある
  3. 甘い香りがたち、果皮にブルーム(白い粉)が出ると食べごろ

昼夜の気温差が大きく、雨も少ないことから高品質のプラムが生産されます。
山ノ内町では、数種類のプラムが栽培され、5月下旬から9月下旬まで出荷があります。

プラム

大石早生

果肉は淡い黄色で、完熟すると鮮やかな紅色。
果重は50~70gほど。果肉はやわらかで、さわやかな酸味とジューシーな品種。
5月(ハウス)から7月中旬

貴陽

ひときわ大きなプラムで、果重が200gと桃と同じくらいの大きさ。
糖度が高く適度な酸味とジューシーさで人気。
6月(ハウス)から8月

太陽

短楕円形の果実で果重は100~150gと大き目。
実は堅くしまっていて日持ちします。
糖度が高く酸味は少ない品種です。
6月(ハウス)から9月

秋姫

果実が大きく外観がきれいでジューシー。
日持ちが良く、果肉がやや柔らかくなったら食べ頃。
8月下旬から9月

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興課 農業振興係
〒381-0498 長野県下高井郡山ノ内町大字平穏3352-1
電話番号:0269-33-1107